FC2ホームページ マニュアル

ホームページの SSL暗号化通信(HTTPS)を有効にする

現在パソコン版のマニュアルを表示中

スマートフォン版を表示 »

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術です。
SSLを利用してパソコンとサーバー間の通信データを暗号化することで、
第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。

FC2ホームページでは、SSL を有効・無効に設定することができます。

SSL有効化の手順

  1. FC2ホームページの管理画面にログイン
    https://secure.id.fc2.com/?done=web
     
  2. 管理画面の「基本設定」を開く
    管理画面にログイン後、左側メニューの「基本設定」をクリック
     
  3. 「SSLの設定」で「有効にする」を選択して「変更」ボタンをクリック

HTTPSリダイレクト設定

HTTPSリダイレクト設定を有効にすると、訪問者は暗号化されていないページ( http://… )にアクセスすると、暗号化されたページ( https://… )にリダイレクトされますので、常に暗号化されたページ(https://…)にアクセスすることになります。
無効にすると、暗号化されていないページ(http://…)と暗号されたページ(https://…)それぞれにアクセスできます。

SSLを有効にされた場合、ホームページの内容によってはページが正常に表示されない、または動作しない可能性がありますので、常時SSLに移行される前に無効に設定して、ページの表示および動作をご確認いただくことをおすすめいたします。

マニュアル一覧を見る »

お問い合わせ

ヘルプをご覧になっても問題が解決されない場合は、サポートへお問い合わせください。

FC2ホームページに関するお問い合わせはこちら