FC2レンタルサーバーLite マニュアル

属性(パーミッション)を変更する

現在スマートフォン版のマニュアルを表示中

パソコン版を表示 »

FTPファイルマネージャーではブラウザー上でファイルの属性(パーミッション)を

変更することができます。

 

属性(パーミッション)の変更

ファイルやディレクトリの属性(パーミッション)を変更するときは、

右クリックでコンテキストメニューを開き「属性変更」をクリックします。

rslite_permission_edit01

 

画面中央に属性変更パネルが現れます。

 

ここに直接数字を入力するか、チェックボックスで属性を設定し、

「設定を保存する」ボタンをクリックします。

「このパネルを閉じる」ボタンをクリックすると変更が保存されずにパネルが閉じます。

rslite_permission_edit02

 

属性(パーミッション)とは

ファイルやディレクトリに対するアクセス権限のことを属性(パーミッション)といいます。

 

ファイルやディレクトリには、それぞれ「所有者」「グループ」「その他」という

3種類のユーザーが設定されています。

 

属性(パーミッション)の変更では、それぞれのユーザーに

「読み込み」「書き込み」「実行」の権限を与えるかどうかを設定することができます。

 

属性(パーミッション)の表記にはアルファベットと数字の2種類あります。

 

アルファベット表記の場合には、ユーザーごとに「読み込み」「書き込み」「実行」を

それぞれ「r(=read)」「w(=write)」「x(=execute)」で表します。

 

これを「所有者」「グループ」「その他」の順に並べ、合計9文字で表記します。

rslite_permission_about01

 

数字で表記する場合は先ほどのアルファベットを「r=4」「w=2」「x=1」に書き直します。

権限がない箇所(「-」で表される箇所)は「0」に書き直します。

各ユーザーで「r」「w」「x」または「-」の数字を足したものが、

そのユーザーのアクセス権限を表します。

 

「所有者」「グループ」「その他」の順に数字を並べ、合計3文字で表記します。

rslite_permission_about02

マニュアル一覧を見る »

お問い合わせ

ヘルプをご覧になっても問題が解決されない場合は、サポートへお問い合わせください。

FC2レンタルサーバーLiteに関するお問い合わせはこちら