FC2レンタルサーバーLite マニュアル

『他社サーバーから移転』 データのアップロード

現在スマートフォン版のマニュアルを表示中

パソコン版を表示 »

FTPツールを利用し、

移転にアップロードされている必要なデータを移転先にアップロードします。
 

1.FTPツールの接続

FTP情報

FTP接続情報はFC2レンタルサーバーLite管理画面トップページ下部にある

【FTP接続情報】をご確認ください。

 

FTP接続情報
転送プロトコル FTP
ホスト名の設定 管理しやすい任意の名前
ホスト名(アドレス) ftp.独自ドメイン
ユーザー名 FC2レンタルサーバーLite登録アカウント名
パスワード

FC2レンタルサーバーLite登録パスワード

 

2.FTPツールのタイムアウト時間の変更

ファイル数が多い場合などにタイムアウトする場合がありますので

バックアップを行う前にタイムアウト時間を長く設定します。

FTPソフトではほとんどの場合、初期設定でタイムアウト時間が有効になっています。

下記手順でタイムアウト時間を変更します。

 

winSCPの場合

1.ログイン画面の設定をクリック。

 

2.接続をクリック。

 

3.タイムアウト時間をお客様の状況に合わせて60秒~90秒に設定いただくことをお勧めいたします。

   タイムアウト時間を設定し【OK】をクリック。

 

4.【保存】をクリック。

 

60~90秒に設定いただいてもタイムアウトする場合は

現在の設定値以上のものを設定しお試しください。

 

3.データのアップロード

FC2レンタルサーバーLiteでは【pubic_html】がドメインのディレクトリ名です。

ドメインに関するデータはすべて【pubic_html】配下にアップロードしてください。

 

サブドメインをご利用の場合はデータのアップロード前に下記手順にて『サブドメインマネージャ』より

サブドメインを作成してください。

 

サブドメインの新規作成

【pubic_html】直下にサブドメインのディレクトリが作成されるのでサブドメインに

関するデータはそちらにアップロードしてください。

 

WordPressやZenCartなどデータベースをご使用の場合は

移転元のデータベースをアップロードする必要があります。

マニュアル一覧を見る »

お問い合わせ

ヘルプをご覧になっても問題が解決されない場合は、サポートへお問い合わせください。

FC2レンタルサーバーLiteに関するお問い合わせはこちら