FC2レンタルサーバーLite マニュアル

エラーページのカスタマイズ

現在パソコン版のマニュアルを表示中

スマートフォン版を表示 »

エラーページとは、存在しないファイルやアクセス権限のないファイルにアクセスしようとしたときに表示されるページです。エラーページはエラーコードによって表示されるページを変えることができます。


FC2レンタルサーバーLiteの管理画面でカスタマイズできるエラーページとその意味は以下のとおりです。



401ユーザー認証が必要なページでユーザー認証に失敗した場合など
403ファイルやディレクトリへのアクセス権限がない
404ファイルやディレクトリが見つからない
500サーバー内部エラー
503サーバーのメンテナンスまたは一時的な過負荷


現在の設定


rslite_errorpage_current


「エラーページのカスタマイズ」ページ上部の表は、現在エラーページが個別に設定されているディレクトリを表示しています。



設定変更


ここではエラーページの設定を変更することができます。


rslite_errorpage_setting


1. 変更を適用するディレクトリを指定します。

サイト全体のエラーページを指定する場合、下位ディレクトリに対するエラーページの設定はすべて消去されますのでご注意ください。

個別のディレクトリにエラーページの設定をする場合は、「ディレクトリの指定」を選択したときにテキストボックスが現れますので、ここにファイルパスを直接入力します。


rslite_errorpage_setting01



サブドメインのドキュメントルートは、デフォルトの状態(DNSマネージャーによって外部サーバを指定していない場合)では「public_html」ディレクトリの下位にあるサブドメイン名の入ったディレクトリです。

例) サブドメイン名:www3 → ドキュメントルート:/public_html/www3/


サブドメインでアクセスしたときのエラーページを自作ページに設定するには、 このディレクトリからのパスを指定します。

例) 「/public_html/www3/error/404.html」を指定したいときは

 「/error/404.html」と入力する


ただしこの場合、http://(ドメイン名)/www3/といった「ドメイン名もサブドメイン名も含んだアドレス」でのアクセスでは、意図したページが表示されませんのでご注意ください。



2. 表示するページを指定します。

指定方法は「デフォルト(サーバーの初期設定)」「自作ページ」「任意のURLへリダイレクト」の3種類です。


「デフォルト(サーバーの初期設定)」を選択するとFC2レンタルサーバーLiteのデフォルトエラーページを表示します。現在別のページが設定されている場合、それらの設定は消去されますのでご注意ください。


rslite_errorpage_setting02-1


「自作ページ」ではあらかじめFTPファイルマネージャーなどを使ってアップロードしておいたファイルをエラーページとして指定します。空欄の箇所はFC2レンタルサーバーLiteのデフォルトエラーページを表示します


rslite_errorpage_setting02-2


「任意のURLへリダイレクト」では、エラーが発生した際ここで指定したURLへ自動的に移動させることができます。


rslite_errorpage_setting02-3


3. 「設定を保存する」ボタンをクリックすると、エラーページの設定が保存されます。

マニュアル一覧を見る »

お問い合わせ

ヘルプをご覧になっても問題が解決されない場合は、サポートへお問い合わせください。

FC2レンタルサーバーLiteに関するお問い合わせはこちら