FC2レンタルサーバー マニュアル

【Plesk Obsidian】SSLの設定

現在パソコン版のマニュアルを表示中

スマートフォン版を表示 »

1.Plesk [ウェブサイトとドメイン]> [ホスティングとDNS] をクリック。

 

2.[ホスティング設定] をクリック。

 

3.[セキュリティ] > [SSL/TLS サポート] にチェックを入れて「OK」をクリック。

 

4.[セキュリティ] > [Let's Encrypt] をクリック。

 

5.受信可能なメールアドレスを入力しインストールをクリック。

 

正常に証明書がインストールされると下記のメッセージが表示されます。

 

6.[ウェブサイトとドメイン]>[SSL/TLS 証明書]をクリック。

R、K、C、Aの証明書が4つ揃っていることを確認してください。

 

7.該当ドメインのPlesk[ホスティングとDNS] > [ホスティング設定] をクリック。

[SSL/TLSサポート]にチェックを入れ証明書を適用してください。

 

8.ブラウザのアドレスバーへ[ https://〜 ]を入力し表示の確認。

[保護された通信]として表示されていればSSL設定の完了です。

 

[ http://〜 ]へアクセスしたときに、URL[ https://〜 ]へ転送させたい場合は、『SEOに対応するHTTPからHTTPSへの恒久的301リダイレクト』を選択するとリダイレクトされます。

 

件名<  Could not issue/renew Let's Encrypt certificates for xxxxxxxxxxx >
SSL証明有効期限のお知らせメールがSSL証明書有効期限日前にシステムよりお送りされますが
FC2レンタルサーバーの無料 Let's Encrypt SSL証明書は自動更新が行われますので
お客様側にて操作していただく必要はございません。

 

マニュアル一覧を見る »

お問い合わせ

ヘルプをご覧になっても問題が解決されない場合は、サポートへお問い合わせください。

FC2レンタルサーバーに関するお問い合わせはこちら