FC2ドメイン マニュアル

Thunderbird へ設定する

現在スマートフォン版のマニュアルを表示中

パソコン版を表示 »

1. 上部メニューから[ファイル]→[新規作成]→[新しいメールアカウントを取得]をクリックします。


mailer1



2. [メールアカウントを設定する]をクリックします。


mailer2



3. メールアドレス情報を入力した後に[続ける]をクリックします。


  【あなたのお名前】:氏名またはニックネーム(任意)

  【メールアドレス】:かんたん変換サービスで作成したメールアドレス

  【パスワード】:かんたん変換サービスで作成したメールアドレスのパスワード


mailer3



4. その後、POP3にマークを付けて[手動設定]をクリックします。


mailer4



5. 受信サーバー・送信サーバー・ユーザー名の情報を下記のとおり設定し[完了]ボタンをクリックします。


【受信サーバー(POP3)】

サーバーのホスト名mail.(お客様のドメイン名).jp
ポート番号110
SSLSTARTTLS
認証方式通常のパスワード認証

 

【送信サーバー(SMTP)】

サーバーのホスト名mail.(お客様のドメイン名).jp
ポート番号587
SSLSTARTTLS
認証方式通常のパスワード認証

 ユーザー名: かんたん変換サービスで作成したメールアドレスを入力


mailer5



6. [完了]のボタンをクリックした後、ご利用のセキュリティーソフトによっては

  【セキュリティー例外の追加】というダイアログボックスが表示されることがありますので

  「セキュリティー例外を承認」のボタンをクリックしてください。


reigaitsuika


  これで Thunderbirdのメールソフト上でメールの送受信が可能となります。


手動でセキュリティー例外を追加する

メールの送信ができない場合や

【セキュリティー例外の追加】のダイアログボックスを承認せずに閉じてしまった場合は、

下記の手順で後ほどセキュリティー例外の追加作業が行えます。

メールを送受信するには、受信用・送信用をそれぞれ追加する必要があります。


  1. Thunderbirdの上部メニュー[ツール]→[オプション]を選択します。
  2. [詳細]パネルをクリックし、[証明書]タブをクリックします。
  3. [証明書を表示]ボタンをクリックし、[サーバー証明書]タブをクリックします。
  4. [例外を追加]ボタンをクリックします。
  5. サーバーホスト名とポート番号を [サーバーホスト名]:[ポート番号] の形式で入力します。
     
     例:info@example.jp のメールアドレスの場合
     【受信用の場合】: mail.example.jp:110
     【送信用の場合】: mail.example.jp:587
     と入力し、[証明書を取得]をクリックした後、[セキュリティー例外を承認]をクリックします。
     
  6. サーバー証明書一覧に
     m1001.domainex.fc2.com の証明書名が2つ(受信用・送信用)あれば、
     メールの受信・送信がそれぞれ可能となります。

shoumeisyomei


同じメールを複数の端末で受信したい場合

受信サーバーが「POP3」の場合、メール受信後にサーバーからメールが削除されます。

Thnderbirdの初期設定では、受信後14日を過ぎたメールはサーバーから削除される設定になっていますが、削除したくない場合は以下の方法で変更してください。

  1. Thunderbirdの上部メニュー[ツール]→[アカウント設定]を選択します。
  2. 左側メニューの[サーバ設定]をクリックします。
  3. 「ダウンロード後もサーバにメッセージを残す」にチェックが入っていることを確認します。
  4. 「ダウンロードしてから14日経過したメッセージは削除する」のチェックを外します。

マニュアル一覧を見る »

お問い合わせ

ヘルプをご覧になっても問題が解決されない場合は、サポートへお問い合わせください。

FC2ドメインに関するお問い合わせはこちら